オレンジ色の会議室

サイトマップ

バーチャルオフィスなら複数経営でも別々の住所を利用できる

複数の会社を経営しているがグループではなくそれぞれ独立した形で運営したい。そんな時はバーチャルオフィスを活用すると便利です。複数の会社を設立するのはそれほど難しいことではありません。自宅を拠点にし、業種ごとに異なる会社を設立して複数経営を行うケースも増えています。複数の会社を経営するといっても運営のやりくりさえうまくすればトラブルはなく、小さい規模ながら若くして複数社のオーナーになる人も多くいます。
自宅を拠点に複数の会社を設立する上で問題になるのが本社の所在地です。書類上は複数の会社でひとつの住所を使うのに問題はありませんが、外部から見れば同じ住所を共有している会社であることは一目瞭然です。後ろめたいことはありませんがそれぞれ別の会社として運営したいのに同じ住所を共有するのは問題です。
バーチャルオフィスを利用すれば設立した会社それぞれに異なる住所を使えます。別々のバーチャルオフィスと契約することでそれぞれの会社の所在地を別々の場所に登録できます。実質的な運営拠点は自宅に集約されていても登録上は別住所の別会社になるので独立性が確保できます。費用を抑えて会社を複数経営したいならバーチャルオフィスを活用しましょう。

自分のビジネスに合うバーチャルオフィスを利用しよう

どの地域でも、事業用にオフィスを借りると賃料コストの負担が非常に重いです。これを回避するため、バーチャルオフィスと契約する人が増えています。ニーズの高まりを受け、非常に多くのバーチャルオフィスが利用できるようになっていますので、利用者は、自分がどの物件を使うか、何らかの基準で判断する必要があります。その際、自分のビジネスの内容やイメージに合うバーチャルオフィスかどうかを重点的にチェックすると…

資金面の不安を払拭できるバーチャルオフィス

起業の夢を持ちつつ、資金不足の不安が大きくて実現に向けての一歩を踏み出せない人は多いでしょう。資金不足の問題は、オフィスコストを大幅に下げる見込みがあれば、払拭できるケースも少なくないはずです。例えば、一般のオフィス物件の賃貸契約を結ぶ代わりに、バーチャルオフィスと契約してはどうでしょうか。それで、事業用の住所、電話番号をレンタルできますので、ビジネス用のコンタクト情報としてそれを使います。…

複数のバーチャルオフィスを利用して会社の規模を大きくする

ビジネスを進めていく上で時として会社の規模を大きく見せる必要に迫られるケースがあります。技術力に自信がある会社が小さいからという理由だけで契約が取れない、というような悔しい思いをするケースは少なくありません。実力以外の部分で評価されるのは悔しいことですが、取引相手の立場にたって考えてみると信用度の低い会社に大きな依頼をすることに不安を感じるのはある意味当然です。逆にいえば会社の規模という不安…

バーチャルオフィスなら複数経営でも別々の住所を利用できる

複数の会社を経営しているがグループではなくそれぞれ独立した形で運営したい。そんな時はバーチャルオフィスを活用すると便利です。複数の会社を設立するのはそれほど難しいことではありません。自宅を拠点にし、業種ごとに異なる会社を設立して複数経営を行うケースも増えています。複数の会社を経営するといっても運営のやりくりさえうまくすればトラブルはなく、小さい規模ながら若くして複数社のオーナーになる人も多く…

TOP